2016年07月29日

花火

『花火』
20160727花火-r.jpg
日本の夏の風物詩といえば「花火」。
毎年7月から8月にかけて、
全国の河川敷などで
花火大会がにぎやかに開催されます。
花火には、亡くなった人への
鎮魂の祈りが込められているといわれ、
天国へのお供えの花として、
お盆には迎え火や送り火として、
ご先祖さまをしのびながら
空高く打ち上げられます。
今年も一つ、また一つと、色鮮やかな大輪の花が
夏の夜空に開きます。

平成28年7月27日(水)神戸新聞 朝刊に掲載しました。
posted by ごくらくや at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ごくらくやMONO語り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176273989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック